【鈴木亮平】王様で出演!鍛え上げた肉体で挑む舞台[ライ王のテラス]


 【鈴木亮平】王様で出演!鍛え上げた肉体で挑む舞台[ライ王のテラス]のトップ画像

三島由紀夫の最後の戯曲「ライ王のテラス」が鈴木亮平主演で再現され、1月28日に製作発表会見で主演の俳優・鈴木亮平が意気込みを語りました。
カンボジア最強の王と呼ばれ、今もなお圧倒的な存在感を誇るアンコール・トム遺跡のバイヨン寺院を建設したジャヤ・ヴァルマン七世王を主人公にした、壮大なロマンの物語。
鈴木はドラマ「天皇の料理番」で20キロ減量するなど、肉体改造をして役に挑む俳優として知られていますが、今作で「今回は本気です!…もちろん今までの作品も全部本気ですが、今回は一番本気です!」とコメントしました。

カンボジア最強の王「ジャヤ・ヴァルマン七世王」を主人公にした物語

カンボジア最強の王「ジャヤ・ヴァルマン七世王」を主人公にした物語

背筋も凄い!

背筋も凄い!

制作発表では主演の鈴木亮平のほか、倉科カナ、中村 中、吉沢亮、大野いと、神保悟志、鳳蘭、が登壇

制作発表では主演の鈴木亮平のほか、倉科カナ、中村 中、吉沢亮、大野いと、神保悟志、鳳蘭、が登壇

「もちろん今までの作品も全部本気ですが、今回は一番本気です!」と意気込みを語っています

「もちろん今までの作品も全部本気ですが、今回は一番本気です!」と意気込みを語っています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でメンマのイケメン&俳優垢をフォローしよう!


あわせて読みたい