【三浦春馬】友彦役が切なすぎると視聴者の間で話題に![ドラマ]


 【三浦春馬】友彦役が切なすぎると視聴者の間で話題に![ドラマ]のトップ画像

TBS系ドラマ「」第6話で主人公・恭子(綾瀬はるか)が想いを寄せる友彦()が視聴者の間で「泣ける」と話題になってます。
最終章への突入となったこの日、既に2回の臓器提供を終え徐々に最期が近づいている友彦は少年時代から夢見ていたサッカープレイヤーへの夢を諦めきれない様子。
しかし、体力がほとんどなくなってしまっている彼は、仲間へのレクチャー中に倒れこみ痛みから悶絶してしまう。それでもなお、仲間の制止を振り切って不自由な身体を懸命に動かしボールを抱きしめて「いいんだ…俺はサッカー選手になるのが夢なんだよ!…それが俺なんだ!だからいいんだ!」と、その胸のうちを告白。
この切ないシーンに、同番組の視聴者からは、「いかん…泣けてしまう…」「ピュアすぎるわ…」「見てるだけで涙出てくる」「つらすぎる」といった声が相次いだそうです。

【三浦春馬】友彦役が切なすぎると視聴者の間で話題に![ドラマ]の画像1

短髪もイケメンだとツイッターで話題になりました

短髪もイケメンだとツイッターで話題になりました【三浦春馬】友彦役が切なすぎると視聴者の間で話題に![ドラマ]の画像2

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でメンマのイケメン&俳優垢をフォローしよう!



あわせて読みたい