【岡田龍太郎】「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で準優勝に輝き俳優デビューを果たす


 【岡田龍太郎】「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で準優勝に輝き俳優デビューを果たすのトップ画像

2016年の11月に行われた「第29回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」にて準グランプリに輝いた、岡田龍太郎が7月の夏ドラマ「」と「」で俳優デビューをすることが分かった。

【岡田龍太郎とは?】

1993年12月27日生まれの神戸出身で現役大学生。
趣味のスキーはかなりの腕前でインストラクターも出来るほどの実力者。
「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で表舞台に現れ、応募者の中で最年長だったが1万4210人の中で準グランプリに輝いた。

人生は初のオーディションで素晴らしい結果を残した岡田。
コンテスト参加理由は妹らしく「嵐さんや三浦翔平さんを妹がすごく好きなんです。それで『芸能人になって紹介してよ(笑)』と言われ書類を出したら受かりました。」と明かした。

」】

窪田正孝主演のドラマ「僕たちがやりました」で新田真剣佑演じる市橋哲人の後輩・桜田祐介という不良役で出演。この役について「倫理観もない悪いやつです(笑)見てられない、どうしようもない奴。悪いことをしている気持ちもないんだろうなってタイプ。初回にカツアゲのシーンもあります。でも僕自身、本当は悪い人じゃないんです(笑)」とジョークを交えつつ語った。

共演者とのエピソードについて「新田真剣祐さんと帰りが一緒になってから色々お話しました。持参のハンドスピナーも貸してくれてみんなで遊んだりしました」と現場に慣れてきた様子。しかし、ドラマの現場は驚きの連続らしく、「カメラがレールの上を走っていて、遠くにカメラがあったのに、演技しているといつの間にか近くにきていて『わぁ』って思った」とエピソードを話した。

」】

伊藤淳史主演のドラマにも出演する岡田。主人公・折茂圭太(伊藤)とシェアハウスを
している田西譲司を演じるる。料理が得意という設定があるので家でもちょっとずつ料理をするなどして特訓中のようだ。

また、伊藤の芝居を間近で見て「相手の演技を見てアドリブで反応してくださる。もちろん台本はあるんですけど、本当にコミュニケーションしている感覚がありました。」と学ぶことが多いと明かした。

【演じるのが難しいのは?】

2つのドラマで全く違う役柄を演じる岡田にどっちの役を演じることが難しいかと質問すると「『僕やり』の不良役は、悪い方に振り切っていてイメージがはっきりしているのですが、『脳スマ』の役は今どきの明るい若者なので、意外と普通を演じることの方が難しいです」と、答えた。

俳優デビューを果たす岡田出演のドラマ
「僕たちがやりました」2017年7月18日(火曜)よる9時から
「脳にスマホが埋められた!」2017年7月6日(木曜)よる11時59分にスタートする。

細身の色白男子!

細身の色白男子!

帽子が似合っていますね!夏男ってかんじ!(笑)

帽子が似合っていますね!夏男ってかんじ!(笑)

笑顔が素敵です~~!現役大学生ってことは、こりゃモテてそうですね

笑顔が素敵です~~!現役大学生ってことは、こりゃモテてそうですね

連ドラに2つも出演ということで、どんな演技をするのか楽しみです

連ドラに2つも出演ということで、どんな演技をするのか楽しみです

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でメンマのイケメン&俳優垢をフォローしよう!


あわせて読みたい