【ママレード・ボーイ】昨日よりも気になる”ママレード・ボーイ”映画実写化が決定!!!


1992年5月号から1995年10月号まで集英社「りぼん」にて連載された、シリーズ累計発行部数は1000万部を記録する吉住渉氏の人気コミック「」の が決定した。キャストに大人気イケメン俳優・ と、女優でタレントの桜井日奈子が抜擢されたことがわかった。

同作は1994年にテレビアニメ化(全76話)、1995年にアニメ「劇場版ママレード・ボーイ」が公開されたほか、2001年には台湾でテレビドラマ化されるなど、長年にわたって国内外にも愛される原作。2013年からは、りぼん版の13年後を描いた「 little」が「ココハナ」で連載されている。

ママレード・ボーイのあらすじ

女子高生の小石川光希は、ある日両親から離婚することを告げられる。ハワイ旅行で出会ったという松浦夫妻と意気投合。
母親はその夫と、父親はその妻と恋に落ちてしまうという事態に。それだけでも驚きなのに、お互いのパートナーを交換して再婚すると言い、松浦夫妻の息子・遊も含めみんなで暮らそうと言い出す始末。
常識はずれの両親たちと距離を保ちたいと思う光希に対し、まったく気にする様子のない遊。クールだが時折見せる遊の優しさにどんどん惹かれていいく光希。そんな時に中学時代、自分を振った銀太が光希に「ずっと好きだった!」と告白をする。さらに昔、遊の彼女だったという亜梨実も現れ…甘酸っぱい恋の胸キュンストーリー。

まだ実感できていない

【桜井日奈子のコメント】
私が映画のヒロイン役?本当の事なんだろうか?とまだ実感できていないのが正直な気持ちです。「ママレード・ボーイ」のヒロイン、小石川光希はとにかくピュアで、すぐに頬を赤く染めてしまうような子なんです。20年以上も前の作品を現代でどう表現するのか、光希の髪型や衣装がどうなるのか、今からワクワクしています。そして、廣木監督とお仕事できることを幸せに思います。デビューしたばかりで経歴の浅い私にとっては、思ってもみなかったチャンスです。家族に翻弄され、恋に悩み苦しむピュアで一途な光希を全力で演じたいと思います。

ついにこの顔面をフル活用する時がきた

【吉沢亮のコメント】
今までにも少女漫画原作の作品には出させて頂いたことがありますが、お調子者の三枚目キャラや、根暗な役など、あまりカッコ良くない役が多かったので、今回のようなドストレートな二枚目は初めてです。ついにこの顔面をフル活用する時が来たなと。廣木監督とは以前にも少女漫画原作でご一緒させてもらっていて、是非またお仕事させて頂きたいとずっと思っていたので、とても嬉しいです。90年代の恋愛の金字塔とも呼べる大人気コミックを今の若い世代で頑張って作り上げます。どうぞ温かい目で見守ってください。

映画の公開は2018年

公開の日にちまでは今のところ未定のようだが、2018年に公開される予定のようだ。

明るい髪色もとても似合っていますね~~!これは期待できそうです♪

制服姿もめちゃくちゃイケメン!こんな高校生いたら一目ぼれ間違いなしですよね。そして、同居できちゃうなんて…家でもドキドキな毎日になりそう///

公開日はいずれ発表されるんでしょうが…「だけど気になる~昨日よりもずっと~♪」状態です(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でメンマのイケメン&俳優垢をフォローしよう!



あわせて読みたい