【斎藤工】「最上の命医2017」特別編がこんや放送!恒例の被り物シーン、今回は・・・?


俳優の が主演のドラマ「最上の命医」。2011年1月から放送されていたドラマの特別編「」として帰ってくる。いよいよ8月23日の今日よる9時から放送される。

恒例の被り物シーン、今回は・・・?

“無限の樹形図”=子供のいのちを救うことはたくさんの未来を救うこと。という信念を持つ小児外科医・西條命(斎藤)が、幼き子供たちを救うべく挑む姿を描いた本格医療ドラマ。
実はこれまでのシリーズでも、2011年の連続ドラマではカブトムシの“カブトマル”、昨年2月放送のスペシャルではキリンの“ジラフマン”に扮した斎藤演じる命。今回も子供たちを喜ばせようと、恒例の被り物シーンも見どころの一つとなっている。今日の放送の回では”クジラーマン”に扮した命のシーンが注目ポイントとなっている。

今回も豪華キャストで放送!

そして命が出会う女子中学生・萌絵(桃果)の厳格な母親・萩尾一路役に大塚寧々。命の恩師である、 演じる小児外科医・手塚義富。手塚の娘で視覚障害を持つ里香役には、志田未来と豪華出演陣が再集結している。

」のあらすじ

小児外科医の西條命()は呼吸困難に陥った中学生・萩尾萌絵(桃果)の応急処置を施すが、原因が妊娠高血圧症だと気づき、近くの病院に飛び込む。
そこはアメリカで命と師弟関係にあった小児外科の権威・手塚義富()が勤める病院だった。
術後、手塚に「うちで働け」と誘われた命は、萌絵の担当になることを条件に承諾をする。

父親不明の子を宿した14歳の萌絵を、母・一路(大塚寧々)は激しく追及するが、名門中学の教頭で、幼少から厳しかった一路を恨む萌絵は、出産は一路から逃げるためと豪語。
しかも、産まれてくる赤ちゃんを一路が里子に出そうとしている事を知った萌絵は――!
一方、命は手塚の娘・里香(志田未来)と出会う。視覚に障害を持つ里香は、アメリカで障害者支援の研究中だが、手塚のある変化が気になって日本へやってきたという。

手塚の「200%の準備をしてオペに挑め」という「200%の準備をしてオペに挑め」という命は、”無限の樹形図”への思いを胸に、次々とキセキを起こす。

白衣が似合いますね~!こんなお医者さんがいたら、毎日風邪でもいいかも(笑)
でも、元気になって「よかった~元気になったみたいで」って笑顔で言われて癒されるのもいいかも・・・/////

子供たちのために被り物する姿が、かわいすぎます!!中身も見た目もイケメンな工さんが大好きです!それにしても今回もまあ、よくお似合いで(笑)
こんや9時から放送なのでみなさんお忘れなく!!!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でメンマのイケメン&俳優垢をフォローしよう!



あわせて読みたい