【阿部寛】彼がかっこよすぎて苦しい[画像]


 【阿部寛】彼がかっこよすぎて苦しい[画像]のトップ画像

俳優・(51)、『V6』の岡田准一(35)『V6』の岡田准一(35)、女優・尾野真千子(34)が14日、都内で映画『エヴェレスト 神々の山嶺』(監督:平山秀幸/配給:東宝=アスミック・エース)完成報告会見を平山監督(65)とともに開いた。作家・夢枕獏のベストセラー『神々の山嶺』を実写映画化。エヴェレスト登頂史上最大の謎を追う野心的な山岳カメラマン・深町(岡田)と、山岳史上初の挑戦に憑りつかれた孤高の天才クライマー・羽生(阿部)を軸に描かれる人間ドラマ。極限の世界で、男たちが命を削って挑む先に何があるのか――。会見時間になるとまずは、メイキング映像が約5分間上映。実際にエヴェレストを登山し邦画史上最高の標高5200メートル級での撮影の様子や、現地で岡田が「日にちが経つほどつらくなっていくのを楽しみながら頑張れたら良いなと思います」とコメントしたり阿部も「体力が消耗していきますね」など、作品にかける思いなどが観ているだけで伝わってくるものとなった。 岡田准一を前に“涼しい顔”でヤセ我慢!先に下山で「さようなら~」阿部は「かなりハードな撮影だったのですが、それが役作りにも生かされたと思っています」と、仕上がりに自信を見せ、尾野も「こんな貴重な体験をさせてもらって、本当に嬉しく思っています」と、振り返った。役作りの前に登山の経験はあったのかと問われた阿部は、「僕は登山の経験はないですね。何回か見よう見まねで、スタッフの方たちと一緒に山に行って、あとは酸素が薄いということで低酸素室みたいなのに入って、スタッフの方たちに迷惑をかけたくないのでビビりながら向かったんですよ」と、体力的な方の下準備をしていったのだとか。さらに、阿部は「岡田くんを超えるクライマーをやらなきゃいけなかったんで、弱音が吐けなくて、涼しい顔をあえてしながらで、頑張らなきゃいけないでしょ(笑)」と、ヤセ我慢もしていた様子。すると岡田は驚きながら「すごい涼しい顔をしていたんです。孤高に役作りをされていた。ヒゲもたくわえていって、やっぱスゲーなと思って見てました」と、証言すると、阿部は「結構つらかった」と、本音を披露していた。作品にちなんで限界を超えて来年チャレンジしたいことへは、「岡田くんがもう1回エヴェレストに行きたいと言いましたが、そういう感じになるんですね、山って。神に近いというか。5200メートルで僕の撮影は3日前に終わって、岡田くんたちもスタッフも頑張っているから、そこに残ろうかなと思ったんだけど、くじけてしまって、先にヘリで『さようなら~』って、下山してしまった。そういうことのないようにしたい」と、コメントを寄せていた。阿部から「見たことのない景色なので一歩間違えば何があるのか分からないというなかで撮影できた緊張感。現場に行かないと分からないあのスケールの大きさなど全部分からなかったので、そこまで行って撮影できたというのは大きいことだと思っています」と、アピールしていた。

【阿部寛】彼がかっこよすぎて苦しい[画像]の画像1【阿部寛】彼がかっこよすぎて苦しい[画像]の画像2【阿部寛】彼がかっこよすぎて苦しい[画像]の画像3【阿部寛】彼がかっこよすぎて苦しい[画像]の画像4【阿部寛】彼がかっこよすぎて苦しい[画像]の画像5【阿部寛】彼がかっこよすぎて苦しい[画像]の画像6【阿部寛】彼がかっこよすぎて苦しい[画像]の画像7【阿部寛】彼がかっこよすぎて苦しい[画像]の画像8【阿部寛】彼がかっこよすぎて苦しい[画像]の画像9【阿部寛】彼がかっこよすぎて苦しい[画像]の画像10【阿部寛】彼がかっこよすぎて苦しい[画像]の画像11【阿部寛】彼がかっこよすぎて苦しい[画像]の画像12【阿部寛】彼がかっこよすぎて苦しい[画像]の画像13【阿部寛】彼がかっこよすぎて苦しい[画像]の画像14【阿部寛】彼がかっこよすぎて苦しい[画像]の画像15

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でメンマのイケメン&俳優垢をフォローしよう!


あわせて読みたい