【浮雲】この浮雲のカラダに必ず萌える[画像]


 【浮雲】この浮雲のカラダに必ず萌える[画像]のトップ画像

表現者としての覚悟と業と生命力が、どこまでも濃密に美しく鳴り渡った2時間。時に麗しく可憐に、時にワイルドに咲き誇る歌のみならず、そのヴィジュアルや佇まい、凄腕プレイヤー揃いのバンド=MANGARAMAの演奏まで完璧にトータルコーディネートして織り上げる至上のポップアートが、そこには確かにあった。昨年末にさいたまスーパーアリーナ2公演/大阪城ホール2公演/マリンメッセ福岡という規模で行われたアリーナツアー「椎名林檎 林檎博’14 -年女の逆襲-」から約1年、全国18公演にわたって開催中の椎名林檎のホールツアー「椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015」、その東京公演:NHKホール2DAYSの2日目。まだツアー序盤のためセットリストや演出の詳細は割愛、ここでは一部楽曲に触れるに留めさせていただくが、ライヴ全編どこを取っても決定的瞬間ばかりの稀代の名演だった。ツアータイトルにも挙げられた「彼奴等」こと玉田豊夢(Dr)/鳥越啓介(B)/ヒイズミマサユ機(Key)/(G・Vo)/名越由貴夫(G)/村田陽一(Trombone)/西村浩二(Trumpet)/山本拓夫(Sax・Flute)という強力ラインナップを擁したバンド「MANGARAMA」とともに舞台に登場した椎名林檎。この上なくドラマチック&ミステリアスな歌謡世界をロック/ジャズ/ソウル/ファンク/クラシックなど幅広いサウンド越しに繰り広げる彼女の音楽性が、その卓越したプレイアビリティのみならず、「ヴォーカリストとバックバンド」という構図では割り切れないスリリングな関係性によって新たな息吹を得て、鮮烈なポップ感とヴァイタリティをもってホール狭しと放射されていく。場面ごとに行われる衣装替えも、多彩なアイデアが盛り込まれた映像も、すべてが一丸となって、凛とした「椎名林檎の世界」を作り上げていく。

【浮雲】この浮雲のカラダに必ず萌える[画像]の画像1【浮雲】この浮雲のカラダに必ず萌える[画像]の画像2【浮雲】この浮雲のカラダに必ず萌える[画像]の画像3【浮雲】この浮雲のカラダに必ず萌える[画像]の画像4【浮雲】この浮雲のカラダに必ず萌える[画像]の画像5【浮雲】この浮雲のカラダに必ず萌える[画像]の画像6【浮雲】この浮雲のカラダに必ず萌える[画像]の画像7【浮雲】この浮雲のカラダに必ず萌える[画像]の画像8【浮雲】この浮雲のカラダに必ず萌える[画像]の画像9【浮雲】この浮雲のカラダに必ず萌える[画像]の画像10

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でメンマのイケメン&俳優垢をフォローしよう!


あわせて読みたい