【山本KID徳郁】この筋肉が想像以上に凄い![画像]


 【山本KID徳郁】この筋肉が想像以上に凄い![画像]のトップ画像

今年のおおみそか、TBSでの“再戦”が決定した、元K-1王者でタレントの魔裟斗と、現役総合格闘家の山本“KID”徳郁だが、実現に向け、TBSはクリアしなければならない大問題を抱えているという。魔裟斗 VS KIDは04年のおおみそかに大阪ドームで行われた格闘技イベント「K-1 PREMIUM Dynamite!!」で実現。互いにダウンを奪い合う激闘となったが、魔裟斗が判定勝ちで勝利を収めた。「その年の同イベントの平均視聴率は20.1%、魔裟斗勝利の瞬間は31.6%を記録。03年から05年まではTBSのK-1中継とフジテレビのPRIDE中継がガチンコ勝負を繰り広げ、紅白をおびやかした」(テレビ関係者)以後、TBSは10年までK-1を中継。今年はボクシング世界王者・井岡一翔の防衛戦中継と合わせ「KYOKUGEN2015」と題し、09年に引退した魔裟斗をカムバックさせKIDと対戦させることになったのだが…。「このところ、テレビ各局での“タトゥー規制”はかなり厳しく、すでに数年前にはある有名タレントの腰にタトゥーが入っていただけでモザイクがかけられたほど。そんな中、KIDは年々体中のタトゥーが増え、タトゥーを彫っていないスペースの方が少ないような状態。現時点では立ち技ルールの3分5ラウンドで対戦としか発表されていないが、2人とも着衣とヘッドギア・すねパッドなど防具一式ありのエキシビション的なルールにするなど配慮しないと、後々、いろいろ問題になりそうだ」(別のテレビ関係者)今年はフジテレビも格闘技中継が復活。格闘技イベント「RIZIN」にはKIDの甥で、レスリングで東京五輪を目指す山本アーセンが出場。「400戦無敗」の“生ける伝説”ヒクソン・グレイシーの息子クロン・グレイシーと対戦するが、KIDのタトゥーの扱いならびに甥との“視聴率対決”も注目される。

【山本KID徳郁】この筋肉が想像以上に凄い![画像]の画像1【山本KID徳郁】この筋肉が想像以上に凄い![画像]の画像2【山本KID徳郁】この筋肉が想像以上に凄い![画像]の画像3【山本KID徳郁】この筋肉が想像以上に凄い![画像]の画像4【山本KID徳郁】この筋肉が想像以上に凄い![画像]の画像5【山本KID徳郁】この筋肉が想像以上に凄い![画像]の画像6【山本KID徳郁】この筋肉が想像以上に凄い![画像]の画像7【山本KID徳郁】この筋肉が想像以上に凄い![画像]の画像8【山本KID徳郁】この筋肉が想像以上に凄い![画像]の画像9【山本KID徳郁】この筋肉が想像以上に凄い![画像]の画像10【山本KID徳郁】この筋肉が想像以上に凄い![画像]の画像11

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でメンマのイケメン&俳優垢をフォローしよう!


あわせて読みたい