【ジェームズ・フランコ】このイケメンぶりは資本主義を超えた!?[画像]


 【ジェームズ・フランコ】このイケメンぶりは資本主義を超えた!?[画像]のトップ画像

実話を基にした『127時間』といったシリアスものから『スモーキング・ハイ』のようなコメディものまで、幅広いジャンルで活躍するジェームズ・フランコ。彼が、トリ・スペリング(『ビバリーヒルズ高校/青春白書』)が主演したカルトTV映画『ザ・ストーカー/狂気の愛』をリメイクすることが明らかとなった。米E!Onlineが伝えている。1996年に製作された本作の主人公は、望みを何でも叶えてくれる献身的な恋人ビリーを持つローレル。だが、片時もそばを離れようとしない彼との関係に窮屈さを感じ始めた彼女が距離を置こうとすると、恋人は暴力的な側面を見せるように。ローレルの母親はビリーの素性に疑問を持ち始め、ローレルも彼が殺人犯である事実に気づき始める…というストーリーだ。トリがローレルを、アイヴァン・セルゲイ(『ジャック・ハンター』シリーズ)がビリーを演じていた。同作の20周年を記念して製作されるリメイクでは、アンバー・コニーが脚本を手掛け、メラニー・アイケンヘッドがメガホンを取る。二人とも、ジェームズ主演の新作映画『Actors Anonymous(原題)』で彼とすでにタッグを組んだスタッフだ。製作総指揮・脚本を担うジェームズは出演はしないそう。なお、オリジナルでヒロインを演じたトリは今回ローレルの母親に扮するとも報じられている。

【ジェームズ・フランコ】このイケメンぶりは資本主義を超えた!?[画像]の画像1【ジェームズ・フランコ】このイケメンぶりは資本主義を超えた!?[画像]の画像2【ジェームズ・フランコ】このイケメンぶりは資本主義を超えた!?[画像]の画像3【ジェームズ・フランコ】このイケメンぶりは資本主義を超えた!?[画像]の画像4【ジェームズ・フランコ】このイケメンぶりは資本主義を超えた!?[画像]の画像5【ジェームズ・フランコ】このイケメンぶりは資本主義を超えた!?[画像]の画像6【ジェームズ・フランコ】このイケメンぶりは資本主義を超えた!?[画像]の画像7【ジェームズ・フランコ】このイケメンぶりは資本主義を超えた!?[画像]の画像8【ジェームズ・フランコ】このイケメンぶりは資本主義を超えた!?[画像]の画像9【ジェームズ・フランコ】このイケメンぶりは資本主義を超えた!?[画像]の画像10【ジェームズ・フランコ】このイケメンぶりは資本主義を超えた!?[画像]の画像11【ジェームズ・フランコ】このイケメンぶりは資本主義を超えた!?[画像]の画像12【ジェームズ・フランコ】このイケメンぶりは資本主義を超えた!?[画像]の画像13【ジェームズ・フランコ】このイケメンぶりは資本主義を超えた!?[画像]の画像14【ジェームズ・フランコ】このイケメンぶりは資本主義を超えた!?[画像]の画像15

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でメンマのイケメン&俳優垢をフォローしよう!


あわせて読みたい